読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすしの日記

司法書士事務所で補助者やってます。ポンコツです。資格の勉強その他もろもろを気ままに綴ります。

去年の今頃何をしていたか

「『昨日は寝かしつけの後、なんとか起きて

23時から2時まで

勉強することができました。

仕事での電車移動中に若干ウトウトしてしまいましたが、意外と大丈夫みたいです。

今日も起きて勉強したいと思います!』



と、昨夜書いていて、結局起きたら朝でした(*_*)

今日からは目覚ましをセットしてみます。

子供が起きてしまうリスクもあるんですが、一度深い眠りに入ってくれていればまたすぐ寝ると思うので、大丈夫でしょう!」



と、日中書いていて、たった今寝かしつけ終わりました。22時45分です。これから頑張りますよー^ ^



さて、昨年の今頃どういう状況で勉強してたのか、ちょっと振り返ってみたいと思います。


《H27の成績》

まず、昨年は午前択一28問・午後択一22問で足切りでした。

基準点が30問・24問なのでそれぞれ2問ずつ足りませんでした。

単純に勉強不足です。精一杯頑張っていたつもりでしたが、まだまだ甘かったのだと思います。

(ちなみに一昨年H26は27問・27問・記述32点で記述足切りという結果でした。)


《テキスト》

8月の択一基準点発表で不合格が確定してしまったので、すぐに勉強を再開。

使用したテキストは『うかる!司法書士必出3300選』シリーズです。

〈選んだ理由〉

①前の3000選シリーズの評判が良かった

②コンパクトに纏まっていて持ち運びが楽である

③問題とテキスト部分が見開きで左右に分かれているのでアウトプットとインプットが1冊でできる

④基本事項に限られているので何度も回せそう

⑤新しいテキストを読みたかった

といった理由で決めました。


《使用した感想》

〈良かった点〉

・見やすく、サクサク進む

・問題とテキストの構成で飽きない

・薄いので何度も回せる、弱点がわかる

・サイズが小さいので電車移動中なども読みやすい

→自分は各科目5回ほどは回しました。問題部分は3回連続正解したら飛ばすようにし、間違えやすい知識を中心に読んでました。

実際このテキストで基本事項はかなり定着したと感じます。知識のメリハリをつけられたという意味ではとても良かったと思います。

〈悪かった点〉

・まあまあ絞り込まれているため、マイナー知識は別途テキストなどが必要かも

・問題は過去問とオリジナルの混合のようだが、どれが何年の過去問なのかといった情報は無い

→このテキストのみで基準点+上乗せ点が取れるかはきちんと検証してないのでわかりませんが、年明け早々の模試でイマイチだった自分は不安になり、すぐに以前の分厚いテキストに戻ってやり直しました。


⇒結局のところ、それぞれの勉強の進捗に合わせたテキストの選択が重要かなと思います。基本事項の確認としてこのテキストを使う分にはとても有効ですが、これのみだと若干不安です。時間がある場合は、ガシッとしたテキストをきちんと読み込むのが一番だと思います。


以上です。